脂漏性角化症に気をつけよう|定期検診を忘れずに

高齢者の健康管理

相談する女性

心臓病や糖尿病をはじめとした持病を持つ高齢者の病状管理では、地域の診療所のサポートが不可欠です。在宅医療にも力を入れる内科クリニックであれば、高齢者の日常的な病状管理にも最適です。人口の高齢化が進む世田谷区内で人気があるのが、高齢者に特有の様々な症状に対応可能な医師の往診です。しかし高齢者の健康状態は変わりやすいので、症状が悪化したときには病院への入院も必要です。そのようなときに求められているのが、世田谷区内の地元の診療所と病院の連携です。関連する医療機関が治療や服用している医薬品についての情報を共有することで、在宅医療も円滑に行えるでしょう。また病院を退院したときにも、地域の診療所の支援が受けやすいです。

IT技術を世田谷区内の地域医療の現場で応用することが、在宅医療を円滑に進めるためのポイントです。血圧などの患者の健康データを送信したり解析することで、速やかに適切な治療が受けられるでしょう。医師だけではなくて看護師との役割分担も行うことが、在宅医療の質を高めるための今後の課題です。将来的には人口の2割以上が高齢者になることが予測されているので、世田谷区内では高齢者の健康状態の改善への取り組みも行われるでしょう。特に健康診断の受診率を高めたうえで、病気の早期発見を実現することが重要です。また糖分の少ない食事や塩分の少ないメニューを提案して、健康な高齢者の割合を増やすのが、理想的な地域の医療行政です。